ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

「継続持込み」

(エ)「継続持込み」

搬入する頻度により、「臨時持込み」と「継続持込み」の2つの持込み方法があります。

(1)継続持込みとは

23区内で発生した事業系一般廃棄物を定期的又は継続的に(概ね1週間に1回以上)、清掃工場等の一組処理施設へ持込むことをいいます。継続持込承認カード(ICカード以下、持込承認カードという)を交付し、手数料は1ヶ月単位の翌月払いになります。

継続持込みするためには、臨時持込の実績として、過去概ね週1回以上搬入していることが要件となります。搬入開始を希望する日の前々月までに継続持込みの申請を行い、清掃一組の承認を受ける必要があります。

承認期間は2年間を限度として承認されます。(許可業者については、許可期間を超えない範囲となります。)

持込承認された廃棄物のみ、指定の清掃工場及び中防処理施設へ、計画日量を限度に搬入することが出来ます。搬入計画を遵守しないで計画日量を大幅に超過して搬入した場合や、持込禁止物を搬入した場合、また施設に重大な損壊を与えた場合等には持込承認を取り消す場合があります。

車両を変更又は廃車等する場合は変更届出等を行ってください。旧持込承認カードは速やかに返却してください。

※持込承認カードを携帯していない場合は搬入できません。

(2)自己持込みの承認期間

自己持込みの継続持込承認期間は、2年を限度とし、承認開始から2年を超えない6月末又は10月末までとなります。再生資源取扱を業として営む者は、所在区ごとに応じた期限となります。詳しくは、搬入承認・手数料係までお問合せください。

(3)持込承認カードの取り扱いについて

  1. 持込承認カードは曲げや高熱に弱いため、硬質プラスティック製のカードケースに収納し、ケースに入れたまま使用してください。また、盗難・紛失の防止措置を講じてください。
  2. 持込承認カードは転貸等不正使用をしないでください。不正使用が判明した場合は、継続持込持込承認を取り消す場合があります。

(4)廃棄物処理手数料

廃棄物処理手数料は、1kgにつき、15円50銭です。

廃棄物処理手数料については、原則として1ヶ月ごとに、清掃一部事務組合が発行する納入通知書兼納付書を使用して、翌月にまとめて金融機関で納めていただきます。

廃棄物処理手数料の滞納防止のための条例等の改正について(PDF:166KB)

廃棄物処理手数料の改定についてのお知らせ(平成25年1月29日掲載)

平成26年4月の消費税率引き上げに伴う廃棄物処理手数料の取扱いについて(PDF:191KB)(平成26年2月14日掲載)

(5)持込ごみ量は搬入の前後に二度計量を行い、算定します。

二度計量ができない場合は、予め継続持込承認の際、車検証の車両重量に標準装備重量等を加算した車両重量を設定しますので、その重量から持込みごみ量を算定します。
(コンテナ車など車両の種類によっては空車計量が必要な場合もあります。空車計量のご案内

(6)申請手続き

申請に必要な書類を窓口に持参し、手続きを行ってください。

申請を希望する場合は、事前に搬入承認・手数料係へご相談ください。原則として、直近2ヶ月間で審査基準で定める臨時込みの実績があることが必要です。

申請は窓口で受け付けています。郵送での申請受付及び持込承認カードの交付は行っておりませんので、ご了承ください。

申請書類は「事業系一般廃棄物各種申請書等」のページからダウンロードすることができます。

1)許可業者

排出場所のある区で許可を受けていることが前提となりますので、下記の点を確認のうえ、申請してください。

  1. ごみ種ごと、収集場所のある区ごとに許可を得ていること。
  2. 許可事項と継続持込申請内容が合致していること。
    • a)許可対象廃棄物の種類(普通ごみ、道路・公園ごみなど)
    • b)許可の事業区分(「収集・運搬」など)
    • c)許可区(作業場所と一致していること)
    • d)許可期間(許可期間を限度として持込承認します。)

2)自己持込業者

下記の点を確認のうえ、申請してください。

  1. 排出者自身で持込む場合には自らの事業活動により発生したごみであること。
  2. 自己持込みの場合、運転手は自社の従業員でなければなりません。ただ同乗するだけでは自己持込みとは認められません。)
  3. 親会社のごみを子会社が運搬する場合も自己持込みにはなりません。
  1. 廃棄物継続持込承認申請書
    (2部提出してください。1部は受付印を押して、申請された方に返却します)
  2. 排出場所一覧表(許可業者は許可申請の「作業場所及び処理量」の写しで可)
  3. 車検証の写し
  4. 計量証明書の写し(空車計量の対象となる車両のみ)
  5. 重量証明書(複数のコンテナを使用する車両のみ)
  6. 全車両の写真(車両ごとに、3ヶ月以内に撮影したカラー写真。正面、側面、及び斜め後方の三方向から撮影したもの。デジカメ可。)コンテナ車は全コンテナの写真も必要です。
  7. 許可業者の場合
    許可証の写し又は許可申請書(各区受付印押印済み)の写し
  8. 自己持込業者の場合
    法人の場合は、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)(複写不可)、印鑑証明書(複写不可)
    個人事業主の場合は、住民票記載事項証明書又は住民票の写し(本籍、続柄等の記載不要。複写不可。)、印鑑証明書(複写不可)
    (注意)いずれも交付後3ヶ月以内のものを添付してください。

申請書類は「事業系一般廃棄物各種申請書等」のページからダウンロードすることができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

施設管理部管理課搬入承認・手数料係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館13階

電話番号:03-6238-0829

ファクス:03-6238-0740