ホーム > 東京二十三区清掃一部事務組合について > 各課からのお知らせ > 清掃技術訓練センターにおける訓練と調査・研究

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

清掃技術訓練センターにおける訓練と調査・研究

訓練

清掃一組は、安全・安定的な処理施設運営に欠くことのできない確固とした技術基盤の確立に向け、技術・技能の訓練機関として、清掃技術訓練センターを平成20年10月新江東清掃工場内に開設しました。

当センターでは、これまでに培った技術・技能を継承し、優れた実務・実技能力を持つ職員の育成を目指しています。訓練コースは、運転管理、設計積算、業務委託、整備実習、整備技能及び環境管理の6コースを中心とする訓練課程で編成し、少人数実践形式で訓練を実施しています。

講師には、清掃工場等での職務経験が豊富で、施設保全や運転業務に精通したベテラン職員を充てています。また、施設としては、LAN環境のある大小の教室、工場の中央制御室を模したシミュレータ室、溶接や分解・組立技術等を学ぶ技能訓練室、機器カットモデルの展示コーナーを備えています。

 

運転管理コース 設計積算コース 業務委託コース

整備実習コース

整備技能コース

環境管理コース

運転管理コース 
主要設備のメカニズムを理解し、運転技術や管理能力等を習得します。また、シミュレータ装置により中央制御室の臨場感そのままで、基本的な操作能力からあらゆるトラブルに対応する判断力を身につけます。元に戻る

設計積算コース  
清掃一組のプラント工事設計積算技術を体系的に学びます。
規則、規定、予算等に関する知識を習得し、さらに演習によって実務能力を併せて身につけます。元に戻る

業務委託コース 
管理業務委託概論を学び、監理監督の基本を習得します。元に戻る

整備実習コース 
工事検査の方法、ボイラ・タービン安全管理審査等について理解を深め、安全かつ適切な工事を推進する力を身につけます。元に戻る

整備技能コース 
プラント設備を補修、維持管理していくために、現場で必要な様々な技能を身につけます。元に戻る

環境管理コース 
基礎分析方法を習得し、化学職業務に関する技術・知識の向上を図ります。元に戻る

調査・研究

当センターでは、平成25年度から調査・研究業務を開始しました。清掃工場の安全で安定的な稼働に不可欠な、処理・施設保全技術の向上を目指し、今年度は「ボイラ水管等の保全対策」、「薬剤の適正注入」、「排ガス再加熱器の効率的運用」に関する調査・研究を実施しています。

今後、調査・研究の成果を訓練内容に反映させ、職員の優れた技術・技能の継承に繋げていきます。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部清掃技術訓練センター

電話番号:03-5569-1990

ファクス:03-5569-1993