ホーム > ピックアップ!! > ごみを燃やすと温室効果ガスが増える?

ここから本文です。

更新日:2018年5月29日

ごみを燃やすと温室効果ガスが増える?

太陽光発電パネル(大田清掃工場)

太陽光発電パネル(大田清掃工場)

地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)が出るのでごみは燃やさない方がいいのでは?という質問がよくあります。確かにごみを焼却すると二酸化炭素(CO2)が発生しますが、清掃工場ではごみ焼却で発生する熱エネルギーによる発電や熱供給、太陽光や風力の利用などにより、二酸化炭素(CO2)の削減に努めています。
もし、ごみを焼却しないで直接埋め立てると、埋立処分場がすぐ満杯になってしまいます。また、埋立処分場周辺で害虫や悪臭が発生したり、温室効果が二酸化炭素(CO2)の20倍以上のメタンガスが発生します。
地球温暖化の原因である温室効果ガスを減らすには、ごみを減らしていくことが大切です。

風力発電(多摩川清掃工場)

風力発電(多摩川清掃工場)

お問い合わせ

総務部総務課広報・人権係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館14階

電話番号:03-6238-0613

ファクス:03-6238-0620