ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

宮城県大崎市の災害廃棄物の受入処理について

災害廃棄物の受入処理

当組合では、特別区長会、東京都市長会、東京都町村会、大崎市、東京都及び宮城県が締結した「令和元年台風第19号に伴う災害廃棄物の処理に関する協定書」に基づき、令和元年10月の台風第19号に伴い発生した大崎市の災害廃棄物について、当組合の清掃工場で受入処理することといたしました。

受入れの概要については、以下のとおりです。

1.受入災害廃棄物

稲わら等

2.受入見込期間

令和2年2月6日から令和2年12月31日まで

3.当組合受入見込量

約2,000トン

(都内清掃工場での受入総量は約4,000トン)

4.受入方法

専用コンテナにより清掃工場へ搬入

受入実績

受入れた災害廃棄物の月別、工場別の実績を掲載しています。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

施設管理部管理課管理係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館13階

電話番号:03-6238-0704

ファクス:03-6238-0740