ここから本文です。

更新日:2021年8月11日

国際協力事業の取組について

東京二十三区清掃一部事務組合では、23区と共に国際協力事業を行っています

近年、アジアをはじめとする海外の諸都市では、急速な経済成長や人口の増加に伴い、廃棄物問題への対応が求められています。これらの国々では、現在、多くの廃棄物が焼却処理されることなく、そのまま埋立処分されており、処分場の不足や都市の生活環境等において、とても深刻な事態を抱えています。
こうした状況の中、これらの国々から多くの方々が清掃工場等へ視察に訪れるなど、大都市の中で安全・安定的に清掃事業を行ってきた23区と清掃一組の事業に対して、大きな関心が寄せられています。
国際協力の主な取り組みとして、海外からの視察者の受入、技術者等の派遣などの人材交流や相手国政府や自治体に対するコンサルティング等を行っています。

 

20190524suginami

海外の自治体職員による杉並区収集現場の視察

umetate

途上国における最終処分場の様子

 

東京23区清掃事業の国際協力に関する基本方針

清掃事業の国際協力を行うにあたり、23区と東京二十三区清掃一部事務組合は、「東京23区清掃事業の国際協力に関する基本方針」を策定しています。23区と東京二十三区清掃一部事務組合が保有している技術やノウハウ等を活用して、環境問題や廃棄物問題に直面している海外諸都市における課題解決策の提示を通して、国際的公共利益実現の一翼を担うことを趣旨としています。
基本方針の詳細については、以下のページをご覧ください。

「東京23区清掃事業の国際協力に関する基本方針」について

海外からの視察者の受入

主な視察者は、地域の環境悪化や廃棄物処理の問題に直面している海外諸都市の行政機関の方々です。視察者の多くは、23区の清掃工場はごみの臭いがしないこと、工場が住宅地域の近くに位置していることに大変驚かれています。また、工場の建設時や運営における周辺住民との合意形成の方法などについてとても関心が高く、熱心に質問をされていました。具体的な訪問の様子などをご紹介します。

海外から様々な人たちが清掃一組施設を訪問しています

廃棄物処理施設をご覧ください。
(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間受付中止しています。)

ごみがどのように処理をされているか知っていますか?東京二十三区清掃一部事務組合では、可燃ごみを焼却する清掃工場や不燃ごみ・粗大ごみを処理する処理施設を運営しています。海外からの各工場・施設の視察・見学をご希望の場合は、以下のページから申し込み手続きをしてください。


海外からの視察・見学を希望される方

清掃工場の視察・見学をホームページ上でも体験するために、工場案内動画を用意しています。日本語版・英語版がありますので、ぜひご覧ください。


清掃工場に行ってみよう!(清掃工場見学案内動画)

人材交流

日本政府やJICA等の依頼により、海外諸都市の技術者等を受入れ、研修を実施しています。清掃工場の運営には地域の理解が必要であることや、廃棄物の焼却により発生する熱を有効に活用する発電の仕組などを丁寧に説明しています。また、23区の協力を得ながら、収集現場の視察やリサイクル・分別などの講義を行うことで、研修生のさらなる技術力向上に寄与しています。

東京における廃棄物問題への取組などをまとめた「東京モデル」

東京はかつて、ごみ処理に関して様々な問題を抱えていました。しかし、一つ一つ問題解決を図っていくことで、今日のごみ処理システムに至っています。23区と東京二十三区清掃一部事務組合は、今までの経験や現在の廃棄物処理システムの強みをベースに、問題解決の一助となるよう「東京モデル」をまとめています。
東京モデルの詳細については、以下のページをご覧ください。

「東京モデル」について

コンサルティング

日本政府が実施する海外の廃棄物処理施設の事業化可能性調査への協力、相手国政府や自治体への助言等を行っています。引き続き、諸都市へ適切な助言を行い、廃棄物問題の解決に貢献していきます。令和元年度は、ベトナム・ハノイ市南部に職員を派遣し、現地行政機関や関連企業への助言を行いました。
既存の廃棄物処理施設や新たに清掃工場を建設する予定地などを視察し、課題等について情報を提供しました。

consultant

市政府関係者との会議の様子

各国における国際協力の取組について

23区と東京二十三区清掃一部事務組合で行ってきた各国との協力事業の主な事例について紹介します。

各国における国際協力事業の主な事例(平成24年度~)(PDF:442KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

清掃事業国際協力室

電話番号:03-6238-0572

ファクス:03-6238-0580